赤外線投光機

赤外線は目に見えないため、外部に近赤外線光源を持つことで、被写体に気付かれることなく夜間などでも赤外線撮影をすることができます。
赤外線投光機は100m程先までも対象物を照らすことのできる光源も販売されています。 赤外線のメリットを生かし、軍事用の暗視スコープでも利用されていて、ライトや星から放たれるわずかな可視光線・近赤外線を増幅し、鮮明な画像を得ることができます。