1. ホーム
  2. 盗聴の基礎知識
  3. 盗聴電波はどうやって聞く?

盗聴電波広域帯受信機が必要

広域帯受信機

ラジオ放送を聴くにはラジオが必要だし、TV放送をみようと思えば受像機(テレビ)が必要となります。 盗聴電波を捉え音声を聴くには、同じように受信機が必要となります。

それでは、ラジオで聴けるのか?

残念ながら周波数帯が違うので普通のラジオでは聴くことはできません。しかし、FM発信機が出回っているのでFM放送が聞けるラジオでは聴くことはできます。

広域帯受信機じゃないと盗聴波を拾うことはできません。

広域帯受信機とは、通常のラジオは、AM・FM放送といった決められた周波数しか聞けませんが広域帯受信機は、その名の通り幅広い周波数帯域と様々な変調方式
(AM.FM.SSB.CW)の電波を捉えることが出来ます。もちろん無線式盗聴器が放つ盗聴波も聞くことが可能です。

よく売れているタイプは、ハンディ型の受信機です。

特徴は、

・ハンディサイズの手頃な大きさで乾電池式や充電式なのでどこでも聴くことができます。

・使用される可能性の高い無線式盗聴器の周波数が あらかじめ登録されている機種もあり、比較的簡単に盗聴電波を探し聴くことができます。

Sponsored Link

★J無線おススメの広域帯受信機

DJ-X8

品名:高性能・多機能コンパクトレシーバー
型番:DJ-X8
0.1〜1300MHz 定番の広域帯受信機
商品番号 »J2336
標準小売価格 » 29,800円
1台→ 20,800円 (税抜き)


次を読む > 9.日本の通信傍受法案(盗聴法)

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

★今、売れてます!

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon