1. ホーム
  2. 盗聴の基礎知識
  3. 盗聴器が出てきて欲しい依頼者

盗聴器出てきて欲しい依頼者

依頼者

安心するはずだが・・

調査をして盗聴器が出てこなければ、安心するはずです。

確かに「安心しました」といってくれますが、その表情は曇っているんです。

実は、盗聴器が出てこないと依頼者の皆さんの多くは、

「ガッカリ」

するんです。 不思議ですよね・・・

なぜかって?

盗聴器が出てこなかったら、つじつまが合わなくなるからです。
「隣人が嫌がらせをする」
「職場に行くと同僚たちが自分のうわさをしている」
「外から誰かが家の中をうかがっている気配がする」
「近くに不審な車が止まっている」
「会社の機密情報が外部に漏れている」 etc・・・

「こんなことになっているのは、盗聴器のせいだ」 と皆さん思い込んでいるんです。だから調査を依頼するんですね。

でも、ほとんどが盗聴器が無いケースだから

「盗聴器じゃないとすれば、他に何があるんだろう・・・」

と ますます不安に陥ってしまいます。

「盗聴器はありません」というと、

「そんなことはない、絶対あるはずだ。確信があるから調査依頼したのに」 と、納得しない人も少なくありません。

「あると納得」し「無いと不満」

盗聴器発見業者の中には、依頼者に納得してもらうためにあらかじめ盗聴器を持参して「盗聴器見つかりました!」と盗聴器を見せる手口もあるようです。

以前に、こんなことがありました。調査を終え依頼者(女性)に「盗聴器はありません」と伝えたところ、急にヒステリックに怒り出し

「このインチキ業者!盗聴器は絶対に仕掛けられているのに無いとはどういうことなんだ!警察を呼ぶっ!!」

その15分後に本当に警察がやってきました。なにも私は悪いことはしてませんから事実だけを説明しました。警察官はわかってくれましたが、依頼者の興奮はやみません。
結局、調査料金を受け取ることが出来ずに帰りました。

まあ、いろんな人がいるものです。

Sponsored Link


次を読む > 14.盗聴器がないという説明

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

★今、売れてます!

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon