1. ホーム
  2. 盗聴の基礎知識
  3. 盗聴器の販売は違法か?

盗聴器は違法?盗聴器自体に違法性は無い

秋葉原

「盗聴器販売」や「盗聴器通販」でググってみると、実際にネット販売しているサイトがいくつか出てきます。ズバリ「盗聴器」で販売しているサイトや「情報収集機器」や「UHF発信機」といった名前で売られているところもありますが、いずれも同じ物です。

現在の日本の法律では、盗聴器の販売や購入は違法ではありません。盗聴器自体を「発信機」などと呼び、微弱電波を発信する送信機として販売しています。実際、盗聴器の販売を取り締まるには大変難しいようで、これを取り締まる為には、大きな事件が発生するなどしなければ、法的規制はないでしょう。

一般的な市販タイプの盗聴器は、「発する電波が非常に弱い電波局」に該当し、盗聴器自体に違法性はありません。 仮にこれを規制したとしたら、ワイヤレスマイク、リモコン等微弱な電波を利用した全ての無線式機器類が規制の対象となってしまいます。

つまり盗聴器は、カラオケのマイクやリモコンと同じ扱いになるわけです。

アメリカではどうでしょうか?
探偵士の資格がなければ盗聴器の販売や購入はもちろんのこと、カタログを入手することも規制されているようです。

盗聴器は、送信機で電波を発射しますから電波法によって規定から外れるような行為(高出力や割り当て外の周波数帯の使用など)を行うと、この法律に抵触することとなり、処罰の対象となします。

Sponsored Link


次を読む > 6.なぜ、ラブホテルに盗聴器が?

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

J無線人気ランキング

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon