1. ホーム
  2. 盗聴の基礎知識
  3. 盗聴器に使われる周波数

UHF帯盗聴器の周波数

盗聴器

盗聴6波とは?

市販されている盗聴器の周波数は特定チャンネルに集中しています。 受信機で盗聴周波数チャンネルを合わせて、明らかに室内の音が聞こえているようであれば、盗聴器が付いている!と、いう判断が出来るわけです。

「盗聴器は無線式が多い」 「市販されている盗聴器の周波数は、盗聴6波に集中」
つまり受信機1台を用意し、重点的にこの6波をチェックすれば、盗聴器設置の有無が、ほとんど分ってしまいます。 盗聴器に対するキチッとした、情報なり、知識があると、自分自身で、盗聴器発見が出来るというわけです。

*周波数を変えて販売されているタイプも、出てきていますので注意が必要です。

Sponsored Link

☆VHF帯盗聴周波数

・Ach 139.970MHz  ・Bch 140.000MHz  ・Cch 139.940MHz
*現在ではほとんど使用されていません

☆UHF帯盗聴周波数

・Ach 398.605MHz  ・Bch 399.455MHz  ・Cch 399.030MHz
以上の6波が、これまでの主流チャンネルといわれていましたが、 最近は、さらに各メーカーが独自にチャンネルを設定し 販売していますので、要チェックです!

・Dch 410.250MHz ・Dch 320.235MHz ・Ech 410.350MHz  
・Ech 320.675MHz  ・Fch 410.150MHz ・Fch 321.135MHz
・Pch 406.520MHz  ・Pch 407.210MHz
*新たに320MHz帯が加わっています


次を読む > 4.盗聴器に関する法律と刑罰

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

★今、売れてます!

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon