1. ホーム
  2. 盗聴の基礎知識
  3. コードレス電話の怖さ

コードレス電話盗聴されやすい

コードレス電話

簡単に聞けてしまうアナログ式

何年か前に新聞に掲載された記事があります。

これによると東北のある市役所が会話内容を簡単に傍受できるアナログ信号方式のコードレス電話(子機)を、市税の督促などに使っていたことが分かったということ。

「無線の広帯域受信機で、税の滞納者との会話内容が聞けた」との証言があり、

個人情報が盗聴された可能性もあるという。

全国的には、こうして盗聴した情報を振り込め詐欺や債権者リストの作成、脅迫などに悪用された事例もあるようで、専門家は、特に公共機関の無防備な実態に警鐘を鳴らしています。

市税の徴収を担当する収納課は、17回線で子機を使用している。「電話中に歩いて台帳を調べられるなど、敏速に対応できる」との理由で数年前に導入したということです。

業者から盗聴などの問題について説明されたようですが、盗聴されにくいデジタル方式は価格が高く、アナログ方式を選んだといいます。

アマチュア無線を聞くために広帯域受信機を車に常備しているという男性は

「この市役所近辺で、市政への苦情や、滞納した市税の督促などの電話でのやりとりがはっきり聞こえた。無神経さに驚いた」

と証言しています。

一般家庭のみならず市役所のように公的機関でもまだまだアナログ式のコードレス電話は、使用されているようです。

Sponsored Link


次を読む > 25.プライバシーが丸裸

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

J無線人気ランキング

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon