1. ホーム
  2. 盗聴器の設置のリスク

無線式盗聴器コスパならワイヤレス

盗聴器

盗聴器を理解する

様々な形態の盗聴手段が存在していますが、費用対効果や設置リスクなどを考えるとベストが『無線式』なのです。

★【盗聴器の種類と設置の難易度】

設置難易度

様々な形態の盗聴手段が存在していますが、費用対効果や設置リスクなどを考えるとベストが『無線式』なのです。

電波を発信して情報を伝えます。
受信範囲は周辺のロケーションにも左右されますが、見通しの良い場所なら300mくらい離れた場所でも受信が可能となります。 量産され一般的に販売されている盗聴器は、電波の種類や周波数によってFM帯・VHF帯・UHF帯の3タイプに分類されます。

Sponsored Link

    FM放送帯
  1. 価格
    3千~3万円
  2. アンテナの長さ
     1m程
  3. 受信可能範囲
     50~60m
  4. 特徴
     ・ノイズがひどい ・FMラジオで受信可 ・気付かれやすい ・周波数調整が必要
    VHF帯
  1. 価格
    2万~5万円
  2. アンテナの長さ
     70~80cm
  3. 受信可能範囲
     100m~300m
  4. 特徴
     ・ノイズが多い ・広域受信機で受信 ・主要周波数がある
    Ach139.970MHz/Bch140.000MHz/Cch139.940MHz
    UHF帯
  1. 価格
    3万円~10万円
  2. アンテナの長さ
     20cm程
  3. 受信可能範囲
     100m~500m
  4. 特徴
     ・ノイズが少ない
    ・広域受信機で受信
    ・主要周波数がある
    Ach398.605MHz/Bch399.455MHz/Cch399.030MHz

・FM帯の盗聴器は安価ではあるが性能が劣るため、現在ではほとんど使用されていません。
・VHF帯も現在では、製造されていません。
・それに対しUHF帯が多く使用されています。
・特にUHF帯は、現在では最も多く使用されていて、その中でもAch・Bchは特に多く使用されています。
・最近では、もう少し高い周波数や低い周波数の盗聴器も存在しますが、 盗聴器のシステム、大きさ、形状、電波の性質上、使用できる周波数は制限されています。


次を読む > 2.室内や電話の会話を盗聴する

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

J無線人気ランキング

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon