1. ホーム
  2. 盗聴器の種類
  3. FMラジオで聴く盗聴器

FM盗聴器FMラジオで聴ける

スクランブル式

たまに「盗聴器は普通のFMラジオで聴けるのか?」
との質問を受けます。

市販されている盗聴器に使われている周波数のほとんどはUHF帯なので、広域帯受信機でないと受信できません。 送信周波数がFMラジオ帯(76~90MHz)の盗聴器は、以前は数種類販売されていましたが現在は、サンメカ製の「TX-11α」があるのみです。

Sponsored Link

★FM会話用発信機

  1. 汎用性の高い、単五電池を使用。どこでも、電池を入手できます。
  2. 簡単操作。アンテナを付けて電池を入れ、スイッチをONするだけ。
  3. FM会話用発信機はFM放送を受信できるラジオを受信機として使用。FM89MHz前後で受信して下さい。
  4. ラジカセ、小型ポ-タブルラジオなどの使用が可能。

TX-11α

FMラジオ帯は、最近ではローカル局も増えてしかも比較的強い電波なので、出力が微弱な盗聴器はこれらの電波にかき消されてしまいます。 また、FMラジオはだれでも聴くことが出来るので、せっかく仕掛けた盗聴器からの音声が皆に知れ渡りる可能性があります。 という理由から、FM帯では使用されなくなりました。

しかし、電子工作キットとして、基板サイズ3cm×1.5cmという、小さなFMワイヤレスマイクキットが販売されています。電源は単5乾電池1本(連続で約40時間)でも使用できます。

自分の声をとばすのはもちろんのこと、このサイズなら狭いところや木の上などにセットして野鳥の声をFMラジオで聞くという利用方法も考えられます。

電気にちょっと詳しい方なら、安くて、面白い使い方ができるかもしれませんね・・


次を読む > 電話盗聴の仕組み<戸建て住宅>

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

J無線人気ランキング

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon