1. ホーム
  2. 盗聴器の発見方法
  3. 盗聴専用機器で盗聴器を見つける方法

発見方法盗聴器専用機器

バグチェイサーEX

盗聴器調査の専用機器

広域帯受信機で探す方法については、前の記事で触れましたがこの受信機は盗聴発見専用機ではないため、初心者には操作しにくいという欠点がありますが、この機器は、盗聴器発見に特化し操作性が簡単でしかも高性能なのでプロ(調査業者)も使用している盗聴器発見専用機器です。

ここでは、盗聴発見器:バグチェイサーEXをご紹介します。

★ディテクトモードとスキャンモード搭載

ディテクト(電波探知)モード

室内に存在する盗聴電波の発信源を探し出す機能です。信号強度表示LEOの点灯数とスピーカーが発する警告音の変化から電波の飛来する方向を特定。

感度調整しながら発信源までの距離を狭めていきます

スキャンモード

電波(盗聴波、公共放送電波、鉄道などの無線電波を含むlを受信すると、本体から識別音を発信します。その識別音を含む電波を割り出すことで、盗聴器の有無を判断します。

スキャンモードで盗聴波を捉えると自動的に音声モードに切替わり、スピーカーで受復した音声を聴く事が出来ます。

Sponsored Link

受信周波数 50~2,000MHz (1,000MHz以上は感度が低下します)
スキャン時間 12~15秒程度(電波環境により変化します)
電源 単3形電池(1.5V) 4本
寸法 本体65x32x116mm/アンテナφ14.5x155~615mm
重量 201g(単三乾電池含む) / アンテナ35g
製品構成 本体、ロッドアンテナ、アルカリ単三乾電池 x 4本

★盗聴専用機器を詳しく見たい!


次を読む > 5.車から盗聴電波を探す方法

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

★今、売れてます!

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon