1. ホーム
  2. 盗聴器の発見方法
  3. コンクリートマイクは発見できるか?

盗聴器発見コンクリートマイク

コンクリートマイク

無線式以外は発見は出来ない

コンクリートマイクは、壁に直接マイクを当てて隣室の音声を盗聴する機器です。 仕組みは、音は、空気を振動させることで発せられ、その振動は波となって伝わり壁に当たると反射します。

この時、わずかに壁を振動させるのです。その振動は壁の反対側に伝わり、耳を近づければ音として聞くことが出来ます。この原理を応用したのがコンクリートマイクです。

無線式盗聴器と違うのは、電波を使わないので盗聴発見器や受信機には反応しませんので、見つけることはできません。

ただし、無線式のコンクリートマイクは実際に販売されていますので、このタイプだと発見器や受信機で発見することは可能です。

もし、何らかの方法で隣の人がコンクリートマイクを使っていることがわかっても、盗聴行為自体は違法ではないので、なんともならないのが実状だと思います。

発見はできなくても、コンクリートマイクを使っての盗聴行為を妨害する機器があります。

こちらの記事 → 「盗聴を妨害する機器」

Sponsored Link

★コンクリートマイク

◇標準型コンクリートマイク

<特徴>

聞くだけでなく音声出力端子搭載で、別売りの音声ケーブルを使って録音機やボイスレコーダーと接続する事により録音する事が可能です

MW-22

◇無線式コンクリートマイク

<特徴>

・コンクリ-トマイクのピックアップ部にUHFの送信機を組み込んだ会話用発信機です。
いろいろな壁面に対応。木製、ガラス製の壁面でも、平であれば付属のマイクプレ-トを使用しマグネットの磁力を生かした設置ができます

USK-40

◇有線式コンクリートマイク

<特徴>

・盗聴発見機では探せない有線式コンクリートマイク
電波を発しないので電波により盗聴器を探す盗聴発見機では見つけることが出来ません。

USK-40


次を読む > 10.引っ越し会社の盗聴調査

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

J無線人気ランキング

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon