1. ホーム
  2. 盗聴器の発見方法
  3. コードレス電話を盗聴する

盗聴コードレス電話

盗聴を妨害

電話での会話を盗聴

コードレス電話を盗聴することで、第三者の個人情報が簡単に入手でき、犯罪などに悪用されるケースもあります。

電話では、個人情報が盛りだくさんなので盗聴(傍受)マニアにとって、手軽でしかも十分に好奇心を満足させるものが、このコードレス電話の盗聴なのです。

コードレス電話の仕組みは、親機と子機が電波によって通話が出来ます。盗聴されないデジタル式が普及してきましたがそれでもまだまだ「アナログ式」が多いのが現実です。

トランシーバーと同じように、無線式の送受信機なのです。コードレス電話のほとんどが小電力タイプ(出力10mW)で家の中は もちろん、家の外まで電波が飛びます。

★一度子機を通話状態にして家の外へ出てみましょう

どれくらいの距離 まで通話が可能なのか試してみてください。

小電力タイプといっても、意外に遠くまで飛んでいきます。障害物がなければ、約100m位は飛びますね。

電波を受信するには、受信機が必要となります。
広域帯レシーバー(ハンディ型・固定型)には、コードレス電話が発する周波数を聞くことが出来るように設定されています。

この周波数のモードに切替えるだけで、誰もが簡単にコードレス電話を盗聴することが可能となります

小電力タイプといっても、意外に遠くまで飛んでいきます

Sponsored Link

★コードレス電話を盗聴してみる

コードレス電話は、親機と子機を電波でつないでいます。 アナログ式がほとんどなので盗聴電波同様、広域受信機があれば双方向の会話を盗聴することが出来ます。

HR-500は、コードレス電話の電波をキャッチすることが出来ます。

■ HR-500でコードレス電話を受信する。

コードレス電話に使用される周波数があらかじめ登録されています。

  • 下限周波数:380.2125MHz
  • 上限周波数:381.3125MHz

■ 受信方法 *バンド4に登録されています

秘話通話機能


次を読む > 9.コンクリートマイクは発見できるか?

検索

全国送料一律500円(税抜)

送料無料

★今、売れてます!

お問合せ

お問合せ

Sponsored Link

Page top icon