コンクリートマイク

コンクリートマイクは、壁に直接コンタクトマイクを当てて隣室の音声、会話を盗聴します。
コンクリートマイクの最大の特徴は、
①発信機ではないので市販の盗聴器発見器などで見つけられることはありません。
②無線式盗聴器とは違いターゲットとなる部屋に侵入することなくひそかに会話音声を聞くことができます。

コンクリートマイク 超高感度<FL-1000>Sold Out

1126
1126
1126
1126

FL-1000は剛性を備えた高感度マイクを採用した、トップレベルのコンクリートマイクです。その他、音質を切り替える音声フィルター機能、突然の大音量から耳を守る音声リミッター機能を搭載。また、ボイスレコーダー機能を内蔵しており、聴取した音声を録音することが出来ます。

在庫状態 : 売り切れ

定価  ¥125,000(税別)

販売価格  ¥85,000(税別)

SOLD OUT

超高感度・新開発ゴールドフラットマイク採用

シリーズ初となるマグネットレスニードルマイクにすることで壁面の音をキャッチして、より些細な音も聴取する事が可能になりました。

音声リミッター搭載

音声リミッターは、大きな過大な音をマイクがピックアップしたときに、瞬時にボリュームを下げる機能です。安全性が高く、音が途切れれば自動的に復帰します。

音声フィルター搭載

状況に応じて、4つの帯域から最強な一つを選んで聞く事の出来る音声フィルター機能を搭載しています。「TH」は入力音のまま。「HC」は、高音域をカットし低音域を強調。
「LC」は、低音域をカットし高音質を強調。「ME」は、人の発声域以外をカットしますので会話などを聴取するのに適しています。状況に合わせてご使用下さい。

録音機能を搭載

コンクリートマイクで聴取した音声を録音するには、別途レコーダーが必要でしたが、本機では従来のアンプと同等のサイズで録音機能が追加されました。
本機はコンタクトマイクから入力された音声のみ録音します。録音レベルは一定です。

乾電池の交換が不要

充電式バッテリーを採用し、面倒な乾電池の交換が不要になりました。連続15時間の録音が可能です。録音機能を使用せず、コンクリートマイクのみを使用した場合には約50時間作動します。

USB端子搭載

パソコンと接続が出来るUSB端子を搭載しました。大切な録音データをパソコンにバックアップする事ができます。

PCがなくても再生・削除が可能

本機で録音した音声ファイルは、パソコンがなくても再生や削除がその場でできます。パソコンに取り込まなくても本体のみで操作が可能です。

操作性の向上

ボイスレコーダーには操作指示LEDとバイブレーションを組込みました。本体を目視せず、手元の感覚で操作する事が出来ます。
LED点灯パターン

日付インサート機能

録音した日時を音声ファイルに記録できるタイムスタンプ機能を装備し、記録に残す事が可能です。

各部名称

各部名称
イヤホンコントロールユニット

外寸 アンプ部:111×64×24mm
マイク:φ33×29mm、ケーブル長:90cm
重量 アンプ部:176.5g、マイク:136g
電源 3.7V550mAh
充電時間 約2.5時間
駆動時間 連続録音:約15時間(30分毎にファイルを生成)
コンクリートマイク電池寿命:約50時間
コンクリートマイクのみ使用時
ファイル形式 MP3
内蔵メモリ容量 4GB
入出力端子 マイク入力(モノラルφ3.5mmミニジャックx1)、
イヤホン出力(ステレオφ3.5mmミニジャックx1)、
ICレコーダUSB端子x1
製品構成 アンプ(本体)、コンタクトマイク、ステレオイヤホン、USBイヤホン
USBケーブル、マイク保持両面テープ3枚、取扱説明書兼保証書
機器に関する注意事項

コンクリートマイクに関する注意点

  1. 壁が中空構造の場合、中間のすきまの部分で音声振動が減衰してしまい、マイクの能力が十分に発揮できなくなります。 柔らかい壁材も同様に適してません。
    固い材質が聴取対象に面している部分を探し、そこにマイクをセットして下さい。コンクリートマイクの名の通り、コンクリートむき出しのなめらかな壁なら最も理想的です。
  2. 前記の条件に合致するものとしては、むきだしの壁のほか鉄骨などの構造材、水道管・空調パイプ・ガス管など配管系なども あげられます。
    浴室なども良い結果が得られることがあるようです。離れた位置でも想像以上にクリアに音声を拾える場合もあるので、先入観にとらわれず、いろいろと試すことをおすすめします。床や天井のほうが、壁面よりも良い結果が得られることも少なくありません。
  3. マイク内部はデリケートな構造になっています。ざらついた面などにセットした場合は、接触させたまま移動することを絶対に避けて下さい。コンタクトピンがひっかかりマイクが破損します。
  4. コンタクトマイクは修理ができません。破損の場合はマイクをご購入頂くことになります。