ナイトスコープ

ナイトビジョン (ナイトスコープ) は、暗闇の中でわずかな光を増幅することにより可視化する装置のことで、暗視鏡・暗視装置とも呼ばれています。元々は軍事技術として開発・発展したものですが、自動車など民生用に使用されることもあります。

スーパーナイトコンパクト<100NDX>Sold Out

2200
2200

暗視スコープ

手のひらに隠れるほどの小型軽量ボディの暗視スコープ。赤外線照射装置を内蔵しているので、完全な暗闇での暗視が可能。

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥15,000(税別)

SOLD OUT

スーパーナイトコンパクト100DX

漆黒の暗闇を暗視するスコープ!コンパクト・低価格モデル。
手のひらに隠れるほどの小型軽量ボディの暗視スコープです。
赤外線照射装置を内蔵しているので、完全な暗闇での暗視が可能。
夜行性動物の観察から夜間の防犯警備活動まで、幅広い用途にお使いいただけます。

  • 夜間の防犯警備に
  • 災害救助活動に
  • 夜行性動物の生態観測に

使用方法

電池の入れ方
  1. 電源がOFFになっていることを確認してください。
  2. 電池蓋ロックを“OPEN”に合わせ、電池蓋を開けます。
  3. 単3形乾電池3本を電池蓋内側の電池の極性(十/-)表示に合わせ、右図の順番通りに入れてください。
  4. 電池蓋をしめて電池蓋ロックを“LOCK’に合わせてください。

電池の入れ方

赤外線照射モードの切替

この暗視スコープには3段階の赤外線照射モードがあります。

  1. ローモード~電源を入れるとローモードになっています。
  2. ミドルモード~ローモードでは明かりが十分でないときはモードボタンを1度押すとミドルモードになります。
  3. ハイモード~ミドルモードでも明るさが十分でないときには、ミドルモードの状態からさらにモードボタンを1度押すとハイモードになります。再度、モードボタンを押すと赤外線照射がOFFになります。

モード切替

各部名称

各部名称

映像素子 30万画素モノクロCMOSセンサー
倍率 2.5倍
画角 1.5°
最低照度 0ルクス(赤外線照射時)
LED 1個
赤外線有効照射距離 約60m(暗闇で赤外線照射時)※
※雲や霧がなく晴れている条件下、三日月の明かりの下(0.05ルクス程度)
において、人物の存在を判別できる最大距離
使用電池 単3型アルカリ乾電池×3本(別売)
連続作動時間 約1.5時間(赤外線照射モード:ハイモード使用時)
約4.5時間(赤外線照射モード:OFF時)※
※単3アルカリ乾電池使用時。使用条件によって異なります。
重量 約130g(付属品・電池含まず)
サイズ H42×D118×W79mm