1. ホーム
  2. 盗聴発見器
  3. バグスポッター

盗聴発見器<バグスポッター>

おススメ関連製品:盗聴発見器<バグチェイサーEX>

バグスポッター
型番:バグスポッター

標準小売価格:90,000円(税抜)
販売完了(税抜)

商品番号:J1243

送料500円配達をお急ぎの方へ


▼ 商品の特徴<おすすめポイント>

★プロも使用しています

バグスポッター特徴

バグスポッターは従来型の盗聴器発見機とは動作の仕組みを大きく異にします。
ワイドバンドレシーバーや従来型の盗聴発見機は、その機器の持つ固有の受信可能範囲の電波を強弱の差こそあれ全て受信します。

この中から盗聴波のみを識別するのは、発見者の経験やカンに頼ることも多く、実作業においては容易ではありませんでした。 バグスポッターは、何らかの電波をキャッチすると識別音を警鳴、発信源へと識別信号を送信します。

盗聴器が存在した場合、本機から発信された識別信号が盗聴器によって戻されます。その信号を再受信した本機は即座に「盗聴器警告音」を警鳴しお知らせします。
「盗聴器警告音」の警鳴は、盗聴器の存在を疑いから確信へと導きます。盗聴波以外の電波であった場合「識別音」のみが警鳴し、「盗聴器警告音」は警鳴しません。

バグスポッターには音声モニター機能であるラジオモードが備わっています。「盗聴器警告音」の警鳴でその存在が明らかになったら、ラジオモードに切り替えて、実際の盗聴器の音声(物音や生活音など)がモニターできます。 バグスポッターの高精度アラームLEDの点灯数を頼りに発信源の場所を特定します。7つの赤いアラームLEDが全灯すれは、盗聴器との距離差は30cm以内まで追い込めます。

また、本機のスピーカーと盗聴器のマイクによるフィードバック発振現象によるハウリングを利用しても、盗聴器との距離は20cm以内まで追い込むことも可能です。

★ラジオモード搭載

盗聴器が発信する音声を受信し、内容を聞くことができます。より確実な探知作業を行えるとともに、発信機(盗聴機)と受信機(本機)が近づくことにより発生する「ハウリング」現象を利用して、盗聴器からの距離を絞り込むことができます。

★アラームLED搭載

7個のLEDを搭載し、受信電波の強さをひと目で確認することができます。

★簡単操作

スキャンボタンを押すだけで、周波数範囲を変えながら自動的に受信を行います(走査受信)。難解な受信設定は必要なく、容易に探知作業を行えます。

★広範な受信周波数

現在主だった盗聴器であるVHF盗聴器・UHF盗聴器をカバーする、ワイドな受信周波数50~2,000MHz(2GHz)を実現しました。
※FM盗聴器には対応しておりません。
※1,200MHz以上は感度が低下します。

★コンパクトサイズ

小型アンテナを採用しコンパクトサイズを実現、どこでも探知作業を行えます。

▼ 商品仕様<ご確認下さい>

受信周波数範囲 50~2,000MHz(2GHz)
※1,200MHz以上は感度が低下します。
スキャン時間 約20秒/回
アラーム警鳴 3種類(スキャン音、識別音、盗聴器警告音)
音声モニター 可能(ラジオモード)
電源 単3電池(ニッケル水素電池も使用可)×4
アンテナ接栓 BNC型
寸法 本体:117(126)×65×34mm  アンテナ:φ15×45mm
重量 本体:約200g(アルカリ電池91g含む)  アンテナ:約17g
Page top icon